プロペシアとミノキシジルはAGAの初期段階に効く薬

男性型脱毛症になっているときには、治療のために専用の治療薬を服用することで改善させることができます。
現在では病院や専門のクリニックで、脱毛の治療に効く薬としてプロペシアなどの治療薬を処方してもらえます。
AGAの症状に効く薬として、用法や用量を守って正しく使うことで症状を改善させることができて発毛効果を促せます。
治療薬ということで効果については個人差があるものと判断されますが、薄毛の症状に関しては若い年代の人がほうが効果が高くなると言われています。
若い人の症状の場合ではAGAの初期段階のことが多いために、早いうちから治療を開始することによって症状を緩和させることができる可能性が高くなります。
薄毛は徐々に進行していく薄毛の症状ですので、初期段階のほうが重症度は軽くなります。
初期段階のほうが症状が軽いものと考えられるために、AGA治療薬の効果は高いと言われています。
初期段階のAGAを発症している人は若い世代の人が多く、若い人のほうが髪の毛を育成させる力や毛母細胞の働きの強さがあることがほとんどですので、AGA治療薬であるプロペシアなどを早期に服用することによって、脱毛症を抑制させて発毛効果を得ることができます。
加齢になっていくと、薄毛の症状に関しても頭皮の細胞活動が弱まってしまうことが考えられるために、若い世代のAGAと比較すると症状の改善に時間がかかることになります。
AGAの初期段階を発症してしまうと、髪の毛が力が弱くなって細くなる特徴があります。
そのような状態になっているときには、男性ホルモンの影響を受けていることになりますので、脱毛の原因となる男性ホルモンであるDHTの生成を食い止める必要があります。
DHTの生成を抑制させることに効く薬として、プロペシアやミノキシジルが認可を受けており、クリニックなどでAGA治療を受けることで処方してもらうことが可能です。